費用

ex_g02-thumb-240x240-25.jpg

はじめての方も安心の治療プランを。

排卵誘発剤を含む治療全般で健康保険を適応して治療にあたります。しかし、残念ながらすべての治療が健康保険でカバーされているわけではありません。

私たちは、高度な生殖医療だけでなく、ご負担の少ない治療プランもご提案しています。どうぞお気軽にご夫婦ともどもご相談をお待ちしております。

 

 不妊治療の費用について

不妊治療において体外受精・胚移植や人工授精は、保険診療の対象外となります。また、それらに伴う検査や注射、処置も保険診療の対象外となります。すなわち、ご負担は私費となり消費税も課税されます。

平成26年4月1日以降の治療費は以下になっております。

■体外受精・胚移植(IVF-ET)に関する費用   (消費税は含まず)

 採卵               80,000円

 精子調整・媒精        20,000円

 受精確認・培養        80,000円

180,000円 

 顕微授精(ICSI)  加算

   卵 5個まで

   卵 6個以上

 

50,000円

70,000円

①に加算となります
 胚移植(ET)50,000円 
 2段階胚移植30,000円加算となります
 アシステッドハッチング(孵化補助)無料 
 凍結融解胚移植(クライオET)70,000円 
 妊娠判定・採血・尿検査等    約 20,000円 

当院では胚盤胞までの培養を行っています。

体外受精・胚移植を行った場合約23万円(①+③)、顕微授精(卵5個まで)の場合は約28万円(①+②+③)となります。

初回は減額の対象外ですが、2回目・3回目は上記①より2万円、4回目以降では①より4万円の減額となります。

卵子が得られなかった場合は10万円、受精卵が得られなかった場合は媒精で14万円、顕微授精では14万円+②となります。

 

■受精卵や精子の凍結保存に関する費用  (消費税は含まず)

 受精卵凍結保存の初期費用

   凍結個数 4個までの場合

   凍結個数 5個以上の場合

 

50,000円

70,000円

1年間の保管料を含む
 受精卵凍結保存延長(1周期/1年)30,000円 

2回に分けた胚凍結は⑧に2万円の加算となります。

 精子凍結保存の初期費用  1回20,000円1年間の保管料を含む
 精子凍結保存延長(1回/1年)20,000円 

精巣精子採取(TESE)による精子の凍結保存費用は3万円となります。

 

■注射・経口薬に関する費用  (消費税は含まず)

 ブセレキュア(1本)

        8,000円

 hMGによる卵巣刺激20,000~ 60,000円 
 rFSHによる卵巣刺激30,000~100,000円 
 黄体ホルモン補充療法       10,000円 
 凍結融解胚移植でホルモン補充療法を行った場合5,000~  10,000円 

体外受精、顕微授精、胚移植の卵巣刺激、卵の成熟、排卵のコントロールや凍結周期の子宮内膜の成長などには、注射、経口薬などの費用がかかります。

その他、SEET法、精巣精子採取(TESE)などを行っています。

不明な点や詳しい費用については担当者にお尋ねください。

これらの治療には大変ご負担をおかけいたしますが、公的な補助金制度がございますので担当者などにご相談ください。

 ex_g03-thumb-240x240-81.jpg